どんなペットがペット初心者でも飼いやすいの?

どんなペットがペット初心者でも飼いやすいの?

ペットがいると、やはり家の雰囲気も変わってきます。

 

ペットを可愛がることでの恩恵やメリットも数知れません。

 

そんなペットと長く過ごすためにも、自分にあったペットを飼うことが求められています。

 

ついつい、何も考えずにいるとそのうち飼育放棄なんてことにもなりかねません。

 

ここでは、特にペット初心者だと何がいいのか、そのメリットや特徴などを見ていきましょう。

やっぱり今流行りと言えば猫のニャンチャン!

飼いやすさはピカ一だ!!

 

猫を飼うときには、多くは室内が多いです。

 

とはいっても、外に自由に出て、帰ってくるようにして飼っているなんてお宅もあります。

 

しかし、帰ってこないなんてこともあるので、室内で飼うことが広まっています。

 

 

猫についてもしつけをきちんとしないと、トイレ以外のところで排泄をしたりします。

 

猫も排泄したところに繰り返しする習性があるので、きちんとしつけをしないと大変です。

 

 

また、あちこちで爪研ぎするなどして、大変なんてこともあり得ます。

 

子猫の頃から飼うときには、こうしたことにならないようにしつけが大切となってきます。

 

 

 

大きさは30センチほどでどの種類でも同じような大きさです。

 

エサは肉や魚も食べますが、やはりキャットフードが猫のためにもいいでしょう。

 

その種類も多いです。

 

 

飼うときには、ケージ、水入れ、ご飯容器、爪研ぎ、トイレ、砂などを用意する必要があります。

 

砂は定期的に交換することとなるのです。

 

 

猫は飼い方から病気まで情報も多いので、飼いやすいほうと言えます。

これまでのペットNo.1と言えば犬のわんちゃん!

今でも誰でも飼いたくなる!

 

ペットと言えば、今でも犬は人気は高く、1位、2位を争います。

 

人でも犬派、猫派なんて分かれたりもします。

 

 

そんな犬は、種類によっては大きさが大きく変わります。

 

 

小型犬だと10キロまで、中型犬は19キロまで、大型犬だと20キロ以上と言うように変わります。

 

なので、飼うときの家や部屋に合わせて、犬も選ばなければなりません。

 

また、容姿やスタイルや毛並みも犬によって大分変わってきます。

 

 

そして、犬の方が血統書付きにこだわったり、また流行りも年によって変わることが多いです。

 

ここ何年かで、秋田犬が世界的に流行っているのです。

 

 

 

犬については、しつけ次第でとても従順で主人思いにもなります。

 

しかし、一歩間違うと飼い主よりも自分が上だと勘違いして、言うことを聞かないこともあります。

 

 

あと、今でも他の人を噛んでしまったというトラブルもあります。

 

 

飼いやすいとはいえ、散歩など場面によっては注意することも忘れてはいけないペットとなっています。

 

広告PR ペットフード口コミおすすめサイト

独り暮らしでも飼いやすいと言われ出しているのがウサギのピョン太

ウサギというと、学校で飼っていたというイメージありませんか。

 

そのウサギもここ最近になり、癒されるとして注目されるようになりました。

 

ウサギカフェなんてのもできたりしています。

 

 

ウサギは、独り暮らしで飼っても大丈夫なのと思うかもしれませんが、ストレスを減らすことができれば全然大丈夫です。

 

意外に飼い主が外出してもケージの中で眠ったり、餌を食べたり、おもちゃで遊んだりして1匹でも平気で過ごします。

 

 

大きさは25センチほどです。

 

それほど鳴くこともないので、ペットが飼えるアパートだと問題ありません。

 

ウサギ用のペレットや牧草なども普通にペットショップで手に入るのでそれほど、餌に関しても、それほど手間もかかりません。

 

 

ケージや水入れ、餌入れの容器、マットや暖房器具などを用意するだけです。

 

案外必要なものも、それほど特別なものもなく、犬や猫で使っていたものでも代替え出来そうです。

 

鳥のピーコも可愛がっている人も多い

ぜひ1度は飼ってみたいペット!

 

鳥もペット初心者にとってはオススメとも言えます。

 

なかなか犬や猫のように遊ぶことは、種類によってはしにくかったりします。

 

しかし、鳴いている姿など、愛くるしい姿にキュンとすることも多いでしょう。

 

インコや文鳥などが手に乗るサイズでとても育てやすいです。

 

また、オウムを飼ってお喋りで楽しむなんてこともありでしょう。

 

 

必要なものも、鳥かごや止まり木、水入れ、餌入れ、新聞紙など手にしやすいものばかりです。

 

また、つがいで飼ってみるというのも鳥を飼うときの楽しみ方の1つとなっています。

 

色も豊富なので、選ぶときの楽しさもあります。

 

なお、鳥かごの掃除のときなどに逃げてしまうこともあります。

 

掃除のときなどは窓を閉める、ドアを閉めるなど注意も忘れてはいけません。

 

なついていても、逃げるリスクは常にあるのです。

 

ここでは犬や猫、ウサギと鳥を詳しく見てきました。

 

他にもハムスターや金魚や熱帯魚、爬虫類などもペット初心者には飼いやすいペットたちです。

 

自分の生活スタイルも踏まえて、ずっと愛せるペットを選んでみてください。

 

【関連記事一覧】

 

飼いやすい小動物10選!ペットペディア
環境省_飼い主の方やこれからペットを飼う方へ
害虫駆除バスターズ