ペット初心者 犬

やっぱりペットの王道の犬から飼ってみよう

ペットを飼うのは、結構大変です。

 

変わって生き物を飼うと、餌から生活環境を整えるまでといろいろと苦労することも多いです。

 

 

まずはよくいる生き物から飼うのが、ペット初心者がすべきことです。

 

そんな人にぴったりと言えば、やはり犬です。

 

 

犬の飼い方の情報は多くて、餌から生活環境まで整えやすいのが有りがたいです。

室内で飼っても大丈夫?広くないと飼うのは難しいの?

犬となると、犬小屋を用意してそこに住まわせるなんてイメージありませんか。

 

そうなると庭付きの一戸建て住宅でないとと気になりませんか。

 

 

また室内で飼うのも、なんか大変そうなイメージや犬種が限られるようなイメージがありませんか。

 

 

 

室内で飼うのも、実は必ずしも小型犬でなければいけないということはありません。

 

大型犬は難しいのですが、中型犬までならば十分可能です。

 

 

その際にはしつけは必要ですが、しっかりとしておけば、室内でも多くの人が飼っています。

 

さらにスペースとしても広ければ越したことありませんが、基本的にはケージ、ベッド、餌を置くスペース、水を飲むスペース、トイレと準備できればそれで十分です。

 

 

なお、ペット初心者としてはトイプードル、チワワ、柴犬、ミニチュアダックスフント、ポメラニアン、マルチーズなどが人気も高く、比較的飼いやすいとされています。

 

やはり小型となっているようです。

準備はこれだけは必要だ。

あと予算も実は用意しておこう。

 

 

犬を飼うに当たって、準備するものもあります。

 

専用の用具をペットショップから飼う必要があります。

 

 

餌を入れるフード容器、水溶器、トイレトレー、ベッド、ケージ、首輪、リード、キャリーケースなどです。

 

 

費用としては、こうした準備だけでも、1万円から3万円ほどかかります。

 

これに加えて、餌代がかかります。

 

ついつい人と同じ食事でと初めての人はし勝ちですが、これは犬にとってよくありません。

 

肥満やその他の病気を起こすきっかけになるので、基本としてはペットフードを用意しておきましょう。

 

犬の年齢に合わせて買わないといけません。

 

 

このほかにも毎年、犬の登録制代と狂犬病予防接種代がかかります。

 

あと病気の時には病院代もかかるので、お金も用意しておく必要があります。

 

 

 

こうした準備も揃えてから、犬も迎え入れると、犬にとってもストレスもかからず、スムーズに飼育が始められるのです。