ペット初心者 心構え

飼う前にしておきたい心構えとは

ペットを飼うと、やはり癒されたり、心の支えになったり、はたまた子どもの教育のためになったりなどします。

 

若い人から高齢者まで、ペットを飼いたいと願う人も多いです。

 

 

反面、捨て犬や捨て猫のように捨てる問題や殺処分なども深刻化しています。

 

 

でも、なぜ問題が起こるのか、それはペットを飼う前から起きているのかもしれません。

 

ペット初心者向けの心構えも見ていきましょう。

最後まで面倒見れるから飼うんだという気持ちになれるか

ペットを飼うとき、楽しい、癒されるといった反面、嫌なことも起きてしまいます。

 

特に何年か経てば、必ず訪れるのはペットの死です。

 

大抵は人よりも先にペットの方が亡くなってしまいます。

 

そのときの悲しみは、家族を亡くしたのと同じくらいとなるでしょう。

 

 

 

それが嫌で飼わないなんて意見もありますが、それはそれで正解です。

 

やはり辛いのに耐えられない、大変だと感じるのであれば、無理して飼わない方が人のためにもペットのためにもなります。

 

 

その死を見届けるまでが飼うことです。

 

何らかの理由で、それをしないかもというのであれば、飼わない方がいいでしょう。

 

 

また亡くなった後もペット用のお墓に入れたり、毎年供養の集会があったときには参加したりと、なかなか大変です。

 

それらもこなせると言う気持ちであるかを考えてから、飼うようにしましょう。

ペット初心者こそ飼う前からいろいろな情報を集めておこう

ペット初心者だと、自分で実感しているときや、初めての種類のペットを飼うときにはいろいろな情報を集めておきましょう。

 

 

ついつい犬や猫だと、ペットフードや家や遊び道具を買うくらいで、すぐに飼い始められます。

 

しかし、実は知っておくべきこともたくさんあるのです。

 

 

たとえば、これは食べさせてはいけない、こんな症状を起こしたら病気のサイン、ストレスのサインなどあるのです。

 

それを知らずに過ごしていると、ペットが急に病気や時には死に至ることにもなります。

 

 

種類によって、飼い方の情報を集める、集めないの差が出やすいので、意識して集めるようにしましょう。

 

特にNG的なものは、知っておくほど、危険回避や万が一の時に役立ちます。

 

 

 

最後まで面倒を見る、情報を集めるという心構えを持てたときに、ペットは飼うようにしましょう。